MENU

プロミスとその他の消費者金融の比較

プロミスとその他の消費者金融 口コミを参考に比較をしてみましょう。サービスの充実によって使いやすいのがプロミスの大きな特長ですが、他の消費者金融とのサービスにどのような違いがあるのでしょうか?

 

・話題の無利息サービス

無利息サービスとは、借り入れ後一定期間を無利息で利用できるものです。消費者金融で無利息があるのは、アコムやノーローンなどです。アコムは、初めて申し込みをする方が対象というのはプロミスと同じですが、返済サイクルを35日ごとに設定するという条件があります。毎月決まった日に返済を希望するのなら、無利息サービスは利用できないということになります。ノーローンは、初めての方以外も、完済すれば何度でも無利息で利用できるのです。ただし、プロミスやアコムの無利息期間が30日間なのに比べて、7日間だけとなっています。また、ローン自体の限度額も、プロミス、アコムが最高500万円なのに比較して、300万円と低めになっています。

 

・金利の違い

プロミスのカードローンであるフリーキャッシングの金利は4.5%〜17.8%です。アコムの金利は、4.7%〜18.0%となっています。最高金利も、最低金利も0.2%ずつの違いがあります。アイフルは代表的なキャッシングローンなら4.5%〜18.0%です。最低金利には違いがありませんが、最高金利はこちらも0.2%の違いがありますね。通常カードローン商品は、最初は最高金利が設定されることが多いので、少しでも最高金利が低いほうが借り入れスタートから利息を少なく利用できることになるでしょう。最高金利も最低金利も低いプロミスなら、使い始めも使った後もずっと利息を抑えられますね。

 

・ATM手数料

カードを利用してキャッシングする際に気になるのはATM手数料です。消費者金融では、直営のATMでは利用手数料がかからないことがほとんどです。ただし、提携ATMでは利用手数料がかかります。プロミスでは直営ATMは無料、提携ATMでは108円〜216円の手数料が必要です。ただし、提携ATMでも三井住友銀行なら手数料がかかりませんし、ポイントサービスを利用していれば、貯まったポイントを提携ATM利用手数料に充当させることもできます。アコムも提携ATMは同様の利用手数料がかかります。特に手数料がかからない提携ATMはありませんし、ポイントによるサービスなども利用できません。

 

お得な点が際立っているのがプロミスといってよいでしょう。申し込み前も契約後も安心して使うことができそうですね。

5万借入など少額キャッシングなら迷わずプロミス

消費者金融であるプロミスはほかの消費者金融と比較して金利が低いとは言われていますが、実は大げさに騒ぐほどの違いではありません。
言い方が悪いかもしれませんがそれこそが真実。
低いと過信して借り入れ金額を増やしてしまったのではせっかく安心して利用できるプロミスもそうではなくなってしまいます。

 

消費者金融であるプロミスを利用するには少額キャッシングであることが基本となります。
5万借り入れなどの少額の場合には銀行をの低金利を考えるよりも有効に利用することができるほどです。
これがどういうことなのかをご説明して言いましょう。

 

少額キャッシングというのは短期間に返済ができる金額を指しています。
返済能力が個人によって違いがあるように返済できる金額もまた個人によって違いがあります。
となるとその人にとっての「少額」がいくらになるのかも個別に違うこととなります。

 

例えばこのようにして考えてみましょう。
毎月確実に返済額として用意できる金額を考えます。
短期間というのは先が見通せる範囲として長くても半年、一般的に考えると3か月が短期間となるのではないでしょうか。
毎月用意できる返済額が1万円だとすればそれを半年つまり6回で返済できる金額となると6万円がその人にとっての少額キャッシングとなります。
考えてみると大きな金額ではないかもしれませんが、しかしこのように考えてみれば自分が借り入れをしても安心な金額がわかりやすくなるはずです。